iPhoneの種類にはどのようなものがあるのか?

トップページ初代iPhoneiPhone3GiPhone3GSiPhone4iPhone5リンク集サイトマップ

初代iPhone

当時AppleのCEOであったスティーブ・ジョブス氏は2007年の1月9日にとあるデバイスを発表しました。それがiPhoneです。iPhoneはデジタルオーディオプレイヤーとして当時爆発的なヒットを記録していたiPodと、携帯電話の持っている通話機能・インターネット・電子メールの機能を合わせ持った全く新しい携帯型情報端末として注目されていました。

同年の6月29日に発売されるとアメリカ中で大フィーバーが起こり、全米のAppleストアには長蛇の列が出来たのです。しかし、初代iPhoneはアメリカ国内だけでの販売であったことから、現在のように「スマートフォン=iPhone」という状況になるのはまだまだ先のことになります。しかし、この頃からスマートフォンとして特別な輝きをはなっていたのは間違いありません。

当時の日本の状況といえば、「ガラパゴス」と言われるほど独自の携帯電話を持っており、その中で海外メーカーであるApple社が参入して、勝ち目があるとは思えないと言われている状況でした。その理由として、ガラケーの主流である物理キーボードではなくiPhoneがソフトウェアキーボードであったことや、日本独自の携帯コンテンツにiPhoneが対応していなかったことなどが挙げられます。