iPhoneの種類にはどのようなものがあるのか?

トップページ初代iPhoneiPhone3GiPhone3GSiPhone4iPhone5リンク集サイトマップ

iPhone3GS

現在のiPhoneの原型となったと言われているのがiPhone3GSです。こちらは2009年の6月9日に発表、同年6月26日に日本での発売が開始されました。処理性能が高速化し最大2倍化しただけでなく、バッテリー寿命も延びて、より使いやすくなったというのが特徴的です。さらにデジタルコンパスやアクセシビリティ、音声コントロールやビデオ撮影機能などの機能が搭載されたということもポイントです。

iPhone3GSの由来である「スピード」という言葉にもある通り、この機種は前のiPhone3Gと比べて処理速度が速いというということで話題となりました。アプリの起動時間などはサクサクと動くのが目に見えて分かるようになったことから、より快適になり多くのガジェット好きはもちろんのこと、ガジェットには興味が無い一般層にも浸透し始めていったのです。この頃から「iPhone=高性能なスマートフォン」というイメージが付いていきました。

また、人気を集めるきっかけのひとつに、カメラ機能が格段に進化したということも挙げられます。SNSなどが浸透していったことにより誰もが気軽にカメラ撮影をするようになった時代背景も相まって、被写体をタップするだけで焦点が合うという機能はカメラ好きだけでなく若者の間で爆発的に支持をされる結果を生み出しました。