iPhoneの種類にはどのようなものがあるのか?

トップページ初代iPhoneiPhone3GiPhone3GSiPhone4iPhone5リンク集サイトマップ

iPhone4

これまでのポリカーボネート製の丸みを帯びた形状から、強化ガラス製で平坦な形となったiPhone4は、2010年6月に発表され6月24日に販売がスタートしました。このiPhoneの一番の特徴といえばCPUの変更があげられるでしょう。これまでは他社製のCPUを使用していましたが、この時からApple独自のCPUである「AppleA4」に変わったのです。これはこれから始まるiPhone独自のデバイス進化の幕開けとも言えるニュースでもあります。

また、ディスプレイの解像度も格段に進化したということも変化のひとつです。こちらは「Retinaディスプレイ」という高精細の液晶画面であり、今では一般的となってる「スマートフォンで動画を楽しむ」という行為をさらに浸透させるものとなりました。「スマートフォンでは画質が粗くて楽しめない」という常識を打ち破るもので、ディスプレイ解像度はiPhone3GSのおよそ4倍となっています。

また、iOSが登場し始めたのもこの辺りです。iPadやiPodなどに共通されたOSという意味合いが込められており、初代iPadが発表されたことがきっかけになっています。このように、デバイスとしての共有性を高めることにより、多くのユーザーがApple製品に親しんでいく土台が出来上がっていく過程が見て取れます。